吉良医院

お電話でのお問い合わせ
Tel.042-722-3100

お知らせ

News

お知らせ

  • 2020.08.11 夏季休暇のお知らせ  8月12日〜8月19日まで夏季休暇とさせていただきます

    Pocket

    8月12日〜8月19日まで夏季休暇とさせていただきます

  • 2020.06.10 新型コロナウイルスIgG抗体検査(CLIA法)を開始します。費用は自費9000円となります。15歳以上の感染症状がない患者様を対象とさせていただきます。

    Pocket

    患者様へ

    当院でも無症状の方を対象に新型コロナウイルス抗体IgG検査(CLIA法)を開始します。

    対象は現在発熱症状がない15歳以上の方です。発熱症状がある場合はPCR検査をおすすめします。(当院ではPCR検査は行っておりませんので検査のできる内科、PCR外来などの受診をお願いします)

    自分が新型コロナウイルスに知らないうちに感染しており抗体ができているか確認したい

    以前に風邪症状があったが、それが新型コロナウイルスだったか知りたい

     

    新型コロナウイルスに対するIgG抗体があるかを採血検査(CLIA法)で正確に測定します。IgG抗体は過去の感染を意味をします。それに対してIgM抗体は現在の感染を意味をします。

    CLIA法は、従来のキット法に比べて正確に抗体価があるかを判定できる方法です。

    一般的にはウィルスに感染するとIgM IgGの順番で抗体ができるといわれおります。

    IgG抗体は感染後14日で96.9%で陽性になるとされています。

    ただし新型コロナウイルス感染症に関してはIgG抗体 IgM抗体が同時に産生される症例があるなど、解明されていないこともあります。

    一般的には抗体があれば、感染症にかかりにくくなり、感染した場合も症状が軽度ですむといわれておりますが、新型コロナウイルスに関して現在のところ定まった見解は出ておりません。

    そのため再度感染してしまう可能性や重症化してしまう可能性もございます。

     

    費用は9000円 自費の検査となります。(検査、結果説明、初診、再診料含む)

    結果は2-4日後(土日除く)に判明します。

    <注意事項>

    ※15歳以上の無症状の方のみ対象となります。症状がある方の検査は行っておりません。

    ※IgG抗体では、現在、新型コロナウイルスに感染しているかどうかは分かりません。

    ※感染が疑われる患者さまはPCR検査ができる内科、PCR外来などの受診をお願いします。

    ※当院ではPCR、IgM抗体検査は現在行っておりません。

  • 2020.06.01 緊急事態宣言が解除されたため、6月より火曜日の吉良正士院長の診察を再開させて頂きます。

    Pocket

  • 2020.06.01 新型コロナウィルスが流行しておりますが、当院は現在通常通り診療をおこなっております。今後スタッフ、アルコールなどの医療資材の確保が困難になった場合は臨時休診や診療時間の短縮になる可能性もありますのでご了承下さい。

    Pocket

  • 2019.07.03 風疹抗体検査および予防接種を開始しました。昭和37年度から昭和53年度生まれの男性を対象に、無料で検査を受けることが可能です。市町村から郵送されたクーポンを持参のうえ直接ご来院ください。

    Pocket

    風疹はかかってしまうと治療する方法はありません。妊娠中に風疹にかからないように、妊婦さんに風疹をうつさないように、予防することがとても大切です。職場での感染が70%ともいわれております。
    現在は1歳と小学校入学前1年間の幼児にMR(麻疹風疹)ワクチンが接種されています。1977年から1995年までは中学生の女子のみがワクチン接種の対象になっていました。そのため30〜50歳代の男性は風疹の免疫がない方も多くいらっしゃいます。昭和37年度から昭和53年度生まれの男性を対象に、定期の風疹抗体検査のクーポンが2019年6月1日に町田市より送付されました。対象者の方は風疹抗体検査を無料で受けることが可能です。クーポンを持参のうえご来院ください。

  • Pocket